バイオトイレの設置で作業効率を上げる!

バイオトイレの設置で作業効率を上げる!

工事現場で「作業効率を上げる」という理由によるバイオトイレの導入例をご紹介します。
工事現場が広いため、各作業場から詰所のトイレに行くまでに、距離が長いだけでなく、地下深いため、仮設の昇降階段を何度も昇り降りするため、移動に時間がかかります。 私も何度かこちらの現場に伺いましたが、 体力も削られました(笑)

トイレまでの移動に時間がかかる

仮設昇降階段 画像
仮設昇降階段

地下深い作業場から詰所に戻るには、上写真の昇降階段が片道で5セット昇り、そこから歩いて5分弱かかるため、休憩時間30分の内、約半分は移動時間となります。作業中に便意を催せば、作業時間のロスになるため「我慢する」という職人さんも少なくありませんが、そういった作業環境もまた良くありません。

この現場では、弊社のバイオトイレを地下の作業場3か所に導入頂いたことで、 遠かったトイレまでの移動時間がなくなり、休憩時間もしっかり確保できるようになり、職人さんも大変満足していると、現場監督様より感謝の声をいただきました。

また、他の現場で、汲取り式の仮設トイレをクレーンで地下へ上げ下ろしする際に、中身が漏れたことがあったため、「バイオミカレット」の媒体はおがくずなので、中身が溢れることなく安心、との声を頂くこともあります。

バイオトイレは水不要・汲取り不要なので、地下で長期の現場でもニオイなく快適にご利用いただけます。設置条件、使用方法等お気軽にご相談下さい。

バイオトイレ 問い合わせ バナー